カテゴリ

最新の記事

検索

最新のコメント
10時間も使えるのですか..
by sumaito_blog at 14:13
横田さん、ありがとうござ..
by sumaito_blog at 14:10
岩谷さん、ありがとうござ..
by sumaito_blog at 10:17
松下さん、聞こうと思った..
by sumaito_blog at 11:06

最新のトラックバック

お気に入りブログ

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧



人気ブログランキングへ

野路の家 完成見学会

滋賀県草津市にて、野路の家の完成見学会を行います。

f0018825_21320596.jpg



512日、13日の2日間限定の開催となりますので

詳しくは、弊社ホームページのcontactよりお問い合わせください

10時から17時までの一般公開となります。

concept

3人のお子さんと一緒に暮らされているご夫婦。

現在、マンションでの5人住まいでは手狭に感じ、一戸建ての住宅を建てることを決められ、今回の計画がスタートしました。

土地は、最寄りの駅から徒歩15分程度で立地のよい場所で約45坪の市街地の敷地です。

お子さんの成長に伴い、増えるであろう3人のお子さんの荷物の収納スペースを確保したいけど、収納を優先することで、広いリビングで家族の陽気で心地の良い居場所を作れるのだろうか。ということを心配されていました。

そこで、私たちは、収納のあり方を見つめ直すことで、空間を有効に利用することが出来ないか考えました。

収納というと、クローゼット・納戸・押入といった名前を持つ箱(スペース)を作るのが一般的で

空間に開かず閉鎖的で、限られた空間の中で収納を確保するためにリビング空間を犠牲にしがちです。

どこに何を収納するべきかということを考えながら、収納という空間をただ単に設けるのではなく、収納に+αの機能を持たせることを試みました。

階段が収納の家具の一部になり、収納が勉強机となり、椅子が収納となり、+αの機能を持つ収納を点在させることで、収納が空間に馴染んでいきます。

そして、収納を点在させた空間には余白が生まれていきます。

その余白部分にお子さんが入り込むことで、お子さんの遊びスペース・隠れ家空間に変化していきます。

収納をは物を片付けるだけの空間という考え方をせず、壁面に収納する家具を点在させることで、

無駄なスペースが無くなり、空間を広く使え、収納が日常の一部に溶け込み、あちらこちらでお子さんの姿を感じることが出来る、にぎやかな空間をつくることが出来ました。


f0018825_21321829.jpg

--------------------------------------------------------

株式会社 ALTS DESIGN OFFICE

528-0033

滋賀県甲賀市水口町綾野3-59ミフクプラザ1F

TEL0748-63-1025FAX0748-63-1035

mail:info@alts-design.com

URL:http://alts-design.com

-------------------------------------------------------


[PR]
by sumaito_blog | 2018-04-23 21:33 | オープンハウス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sumaito.exblog.jp/tb/29740960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。



Copyright © 2000-2012 Japan Housing Waranty co.,ltd. All Rights Reserved.