カテゴリ

最新の記事

検索

最新のコメント
10時間も使えるのですか..
by sumaito_blog at 14:13
横田さん、ありがとうござ..
by sumaito_blog at 14:10
岩谷さん、ありがとうござ..
by sumaito_blog at 10:17
松下さん、聞こうと思った..
by sumaito_blog at 11:06

最新のトラックバック

お気に入りブログ

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧



人気ブログランキングへ

カテゴリ:その他( 6 )



【いまいづみ幼稚園未来館】竣工しました
f0018825_18145398.jpg

未就園児のための親子子育て教室や、同窓生のための英会話教室などに使われます。
五角形の空間を生かして、動きのある自由度の感じられる空間を
形づくりました。
多様な活動が誘発されればと願っています。

ご覧いただければ、幸いです。

f0018825_18163486.jpg
【設計主旨】
この建築は、幼稚園に新たな機能を拡充するために計画されました。
未就園児のための親子子育て教室や、同窓生のための英会話教室などに使われます。
かき込まれたような不定形な敷地形状に合わせて、その輪郭をなぞるように、
五角形の部屋を3つ集めて平面を形づくりました。
五角形は各辺がいろいろな方向を向くので、
動きのある自由度の感じられる空間が生まれます。
また、五角形の部屋を2つつなげると、いろいろな方向を向く壁によって
各所にコーナーが生まれ、奥行きの感じられる空間となります。
このように、五角形の特徴を生かすことで、多様な活動が誘発されるような空間を
実現していきました。
構造は木造とし、木がもつ豊かな表情を内装に生かしました。
壁のいろいろな方向性が際立つように、天井は平行な木梁が一方向に並ぶ構造としています。
外観は、五角形の各部屋を斜めに切り落とすように屋根をかけました。
特徴的な形が重なり合うことで、見る角度によって様々な表情が生まれ、動きが感じられます。
飛躍をめざす幼稚園の心意気が感じられる建築であればと願っています。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
西 島 正 樹

株式会社プライム一級建築士事務所
PRIME INC.ARCHITECTURE AND PLANNING
〒160−0022 東京都新宿区新宿5−10−10−4F
TEL : 03-3354-8204 FAX : 03-3354-3745  
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
f0018825_18145398.jpg

[PR]
by sumaito_blog | 2017-06-19 18:20 | その他 | Trackback | Comments(0)



【スキップテラスの家】掲載されました
homifyのマガジン欄に
【スキップテラスの家】が掲載されました。
https://www.homify.jp/ideabooks/622722/
『高低差のある土地に建つスキップテラスの家』というタイトルです。

【スキップテラスの家】について、詳しくは、こちらへ
f0018825_13391453.jpg
f0018825_13375078.jpg
f0018825_13373444.jpg


■概要
坂に面して建つ住宅です。
敷地の高低差を利用して、外部空間に地上から2階まで、
段差のある外部空間を形づくり、室内と結びつけることで、
多様な住空間を展開しました。
白い四角の外観の中に、内部、外部、吹抜等を立体的に
組み込み、広がりのある建築空間をめざしています。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
西 島 正 樹

株式会社プライム一級建築士事務所
PRIME INC.ARCHITECTURE AND PLANNING
〒160−0022 東京都新宿区新宿5−10−10−4F
TEL : 03-3354-8204 FAX : 03-3354-3745  
e-mail : PRIME@a.email.ne.jp
http://www.prime-arc.com   
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[PR]
by sumaito_blog | 2016-04-14 13:40 | その他 | Trackback | Comments(0)



家づくり学校 第五期開講のお知らせ
NPO法人家づくりの会では、2009年より住宅の設計を目指す人のための学校である「家づくり学校」を開講しております。
昨年は第四期家づくり学校として、座学中心の1年生コース、見学会による2年生コース、幅広い知見を身につけるため演習課題による3年生コース、さらに4年生(スタジオ)コースを新設し、好評のうちに終了致しました。
住宅の設計は楽しい。でも勉強しなければならないこと、また苦労もたくさんあります。
大学で教わる内容も大事ですが、実際に住宅の設計をするとなると、施主や施工者がいて、また現代に即した現実的で新しい知識も必要です。
現実の仕事はどのようにして進めるのか、大学では教えてもらえない知識と能力について、これから住宅設計をやりたいと思っている学生、設計事務所勤務の人、また設計事務所を立ち上げて間もない人を対象に、キャリアを積んだ家づくりの会の講師陣を中心に、本年も5月から、各学年共にさらに内容を充実させた第五期家づくり学校を開講致します。
住宅設計に取り組む多くの皆さまのご参加をお待ちしております。 

2013年3月
家づくり学校 校長/泉幸甫、副校長/川口通正、半田雅俊、本間至、諸角敬、山本成一郎

◆1年生コース(座学)
f0018825_1641275.jpg

日時(各回15:00~17:30、最終回のみ15:30~18;00)
 第1回  5月 5日(日)「素材から考える」 講師:泉幸甫・濱田昭夫
 第2回  6月 9日(日)「生活から考える」 講師:本間至
 第3回  7月14日(日)「構法から考える(1)」 講師:諸角敬
 第4回  9月 1日(日)「構法から考える(2)」 講師:山田憲明(構造家)
  第5回 10月 6日(日)「地域から考える」 講師:泉幸甫・高野保光・森博
 第6回 11月24日(日)「木から考える」 講師:古川泰司・松本直子
 第7回 12月 1日(日)「環境から考える」 講師:半田雅俊
 第8回  1月12日(日)「生き残るためには」 講師:泉幸甫・半田雅俊・高野保光・田中ナオミ
 (講師・講義内容については都合により変更される場合があります)
会場 自由学園明日館大教室「タリアセン・トシマ」(東京都豊島区西池袋2-31-3)
    JR池袋駅メトロポリタン口より徒歩5分、またはJR目白駅より徒歩7分
    (駐車場はありませんので、車でのお越しはご遠慮ください)
定員 35名 受講料6万円

テキストとして「実践的家づくり学校 自分だけの武器をもて」(彰国社 定価¥2,625)をご用意ください(受講料には含まれません)。お持ちでない方には割引価格で販売出来ますので、申し込みの際に合わせてお申し出ください。
f0018825_165891.jpg


◆2年生コース(素材や技術の見学会)
f0018825_1653461.jpg

見学予定地 植木、石切場、家具、建具、左官、古建築、木材、古材と再生素材
日時 5/25、6/29、7/27、9/28、10/26、11/30、12/14、1/25(土曜日、全8回)
(講義内容、見学先については都合により変更される場合があります)
時間、集合場所はその都度連絡します
会場 各回とも見学地集合
定員 20名 受講料6万円(但し、交通費・見学施設入館料などは別途)

◆3年生コース(課題)
f0018825_166961.jpg

講義と演習課題、講評会を一組として、4つの課題に取り組む
日時(各回 14:00 ~ 17:00)
 第1回・前/ 5月12日(日) 第1回・後/ 6月16日(日) 「リノベーション」 講師:古川泰司
 第2回・前/ 7月21日(日) 第2回・後/ 9月 8日(日) 「納まりのデザイン」 講師:諸角敬
 第3回・前/ 10月13日(日) 第3回・後/ 11月17日(日) 「形態」 講師:泉幸甫
 第4回・前/ 12月 8日(日) 第4回・後/ 1月19日(日) 「工法から考える」 講師:藤原昭夫
 (講師・講義内容については都合により変更される場合があります)
会場 家づくりの会ギャラリー(東京都渋谷区千駄ヶ谷5-2-15-130)
定員 15名 受講料6万円

◆4年生コース(スタジオ)
f0018825_1663374.jpg

下記アトリエ事務所でのスタジオ制とし、リアルな課題に対して基本構想から実施設計までをまとめ上げる。
 ・川口 通正 / 川口通正建築研究所
 ・川崎 君子 / 川崎君子建築事務所
 ・本間 至  / ブライシュティフト
 ・松原 正明 / 松原正明建築設計室
日時(各回 14:00 ~ 17:00)
第1回  5月19日(日)「ガイダンス・課題発表」家づくりの会ギャラリー
 第2回  6月 各スタジオによる
 第3回  7月 各スタジオによる
 第4回  9月29日(日)「中間発表」家づくりの会ギャラリー
 第5回 10月 各スタジオによる
 第6回 11月 各スタジオによる
 第7回 12月 各スタジオによる
 第8回  2月9日(日)13:30~16:30「全学年公開卒業発表会」自由学園明日館
 (講師・講義内容については都合により変更される場合があります)
定員 10名 受講料6万円
会場 特記なき場合は各スタジオ講師のアトリエ事務所

これまでの家づくり学校の様子は当ブログにて公開中です。
家づくり学校公式ブログ≫

◆申込み方法
受講希望者はNPO法人家づくりの会の事務局にメールにて「第五期家づくり学校の件」と明記の上、お問い合わせください。折り返しお送りいたします専用申込用紙に必要事項を記入して申込んでください。
なお、2年コースは1年生コース修了者、3年生コースは2年生コース修了者、4年生コースは3年生コース修了者を対象とします。ただし、各コース同時受講は可です。

4月19日金曜日(必着)。選考の上5月初旬までに受講者へ通知いたします。

◆申込み先
NPO法人家づくりの会
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-2-15-130
TEL:03-5360-8061 / FAX:03-5360-8062
メール:iezukuri@nifty.com
ホームページ:http://npo-iezukurinokai.jp/
[PR]
by sumaito_blog | 2013-03-29 16:08 | その他 | Trackback | Comments(0)



第4期 家づくり学校 受講生募集のお知らせ
f0018825_1492985.jpg

NPO法人家づくりの会では、2009年より住宅の設計を目指す人のための学校である「家づくり学校」を開講しております。昨年は第三期家づくり学校として、『座学』中心の1年生コース、『素材や技術の見学会』中心の2年生コースに加え、幅広い知見を身につけるための『演習課題』中心の3年生コースを新設し、好評のうちに終了しました。
2012年は、いよいよ『スタジオ制』の4年生コースが新設され、各学年共にさらに内容を充実させた第四期家づくり学校を5月から開講致します。住宅設計に取り組む多くの方の参加をお待ちしております。

2012年2月
家づくり学校 校長/泉幸甫、副校長/川口通正、半田雅俊、本間至、諸角敬

<各学年 講義内容とスケジュール>
▲1年生コース(座学)
 第1回  5月12日(土)住宅設計とは
 第2回  6月16日(土)構法から考える
 第3回  7月21日(土)素材から考える
 第4回  9月15日(土)環境から考える
 第5回 10月13日(土)木から考える
 第6回 11月10日(土)外構から考える
 第7回 12月 8日(土)歴史から考える
 第8回  1月12日(土)生き残るためには
時間 各18:00~20:30(2時間半)
会場 自由学園明日館(東京都豊島区西池袋2-31-3)
定員 35名 受講料6万円(全8回)

▲2年生コース(素材や技術の見学会)
見学予定地 石切場、植木、和紙、建具、左官、古材・再生素材、木材、古建築
日時 5/19、6/9、7/28、9/29、10/20、11/17、12/15、1/19(土曜日、全8回)
定員20名 受講料6万円(全8回)

▲3年生コース(演習課題)
講義と演習課題、講評会を一組として、4つの課題に取り組む。
日時 5/20、6/24、7/22、9/16、10/21、11/18、12/9、1/20(日曜日、全8回)
定員15名 受講料6万円(全8回)
会場 家づくりギャラリー(東京都渋谷区千駄ヶ谷5-2-15-130)

▲4年生コース(スタジオ)
川口通正、半田雅俊、本間至、諸角敬のスタジオ制とし、リアルな課題に対して基本構想から実施設計までをまとめ上げる。
日時 5/27、6/17、7/29、9/30、10/28、11/25、12/16、1/27(日曜日、全8回)
定員10名 受講料6万円(全8回)
会場 各スタジオ講師のアトリエ事務所

第一期から第三期の家づくり学校の様子は、こちらのブログにて公開≫
また新建築住宅特集誌では、家づくり学校のフィールドワークの内容を基にした『素材再発見』という特集記事でも取材・連載されております。
2010年9月号:『建具職人の技術を見る/執筆:泉幸甫』
2010年11月号:素材再発見 第一回『瓦/執筆:徳井正樹』
2011年1月号:素材再発見 第二回『鉄平石/執筆:根來宏典』
2011年3月号:素材再発見 第三回『八溝杉/執筆:古川泰司』
2011年6月号:素材再発見 第四回『鉄/執筆:宮野人至』
2011年9月号:素材再発見 第五回『大谷石/執筆:吉原健一』
2012年1月号:素材再発見 第六回『植木/執筆:根來宏典』
2012年4月号:素材再発見 第七回『古材・再生素材/執筆:安井正』(掲載予定)

<申込方法>
受講希望者はNPO法人家づくりの会の事務局にメールにて「第四期家づくり学校の件」と明記の上、お問い合わせください。折り返しお送りいたします専用申込用紙に必要事項を記入して申込んでください。家づくりの会HP、家づくり学校専用ブログでも申込受付予定。

なお、2年コースは1年生コース修了者、3年生コースは2年生コース修了者、4年生コースは3年生コース修了者を対象とします。ただし、各コース同時受講は可です。
申込締切は4月20日金曜日(必着)。選考の上5月初旬までに受講者に通知いたします。

<申し込み先>
NPO法人家づくりの会
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-2-15 奥村マンション1階130号室
TEL.03-5360-8061 FAX.03-5360-8062
メール iezukuri@nifty.com
家づくりの会HPは、コチラ≫

根來宏典
[PR]
by sumaito_blog | 2012-03-16 14:13 | その他 | Trackback | Comments(0)



模型づくりにはテラダモケイをどうぞ。
こんにちは。すまいとの岩谷です。

先日、「テラダモケイ」設立発表会が行われました。
テラダモケイは、建築模型用の添景(人、家具、樹木など)をつくっています。
私も設計事務所時代、かすみ草を転用した樹木や石膏でつくったバスタブや便器、バルサ材でつくった椅子やテーブルなど、(時間に余裕のあるときは)嬉々としてつくっていたものです。

f0018825_10584180.jpg発表会で、建築家の寺田さんは原点となったプラモデルを手に、模型への熱い思いを語った。
リカちゃんセットが原点の私も熱くなった。
手先が器用な母は、紙粘土でパンや野菜などの食材をつくってくれたり、着せ替え用の洋服をつくってくれたりしたものだ。
数年前、木村伊兵衛賞を取った本城直季の”箱庭写真”にも、やはり惹かれるものがある。
テラダモケイの建築模型添景セットは、小さきものへの愛に満ちている。

会場入口では、添景の人物「げんき(原器)くん」の1/1がお出迎え。
さすがに等身大だと少々不気味か。


f0018825_10591994.jpg

今回の目玉は、1/50の添景セットが発売されたことだ。
住宅の模型は、たいてい1/50でつくられるので、これを待ちわびていた建築家も多いことだろう。
スケールと方位もついていて、いたれりつくせりである。


f0018825_10594139.jpg
1/100では、街路樹セット(左)が間もなく発売。小鳥と犬とリスもいます。
右も発売間近のきせかえシールセット
いろんなファッションがラインナップされていて、よーくみると見たことのある服が・・・。


f0018825_110250.jpg
こちらは限定品。
左が長崎県立美術館編。右が中央線201系編
長崎県立美術館編では、地元では有名だというちりんちりんアイスの屋台が出ています。
中央線201系編のホームでは、別れを惜しむ恋人達、駆け込み乗車するヒト、吐くヒト、介抱するヒトなどドラマティック。(どんなシーンをつくりだすかはあなた次第)


f0018825_1103551.jpg
右はニューヨーク編。左はクリスマス編
このほかに、東京編動物園編サッカー編など豊富なラインナップ。
ついつい全種類揃えたくなります。


f0018825_1105897.jpg


f0018825_111871.jpg

ラブリー!
[PR]
by sumaito_blog | 2011-02-07 11:02 | その他 | Trackback | Comments(0)



「杉コレ2010 in 西都」にご協力を!
すまいとの岩谷です。
萩原百合さんの連載コラム『つくるたのしみ つかうよろこび 第14話 スタンディングバーをつくる』で取材させていただいた日本全国スギダラケ倶楽部より気になるメールが届きましたので、以下に掲載させてください。

「杉コレ2010 in 西都」にご協力を! 

スギダラ本部からスギダラな皆さんにお願いがあります。
ご存知のように現在宮崎は口蹄疫問題で危機的状況です。多くのイベントが人手不足と自粛で中止に追い込まれています。10月末に予定している杉コレ2010 in 西都も同様に現在ははっきりした見通しは立てられない状況です。しかし全国コンペである杉コレの参加者が少しでも多く集まり、無事に開催される事になれば、宮崎の応援にも繋がると考えています。

そんななかで杉コレの一次審査締め切りは6月30日と迫っています。恐らく宮崎県内の応募は極端に少ないでしょう。そこでお願いがあります。宮崎県外から少しでも多くの応募が増えるよう皆様に協力をお願いするものです。
応募詳細→ http://www.m-sugi.com/56/m-sugi_56_sugikore.htm
宮崎県木材青壮年会連合会HP→ http://www.miyazakikensanzai.com/
ご自身での応募ももちろんの事、知人友人の方々広く応募案内をしていただけますようお願いいたします。

また、口蹄疫問題の国対策支援への署名活動にもご協力いただけますよう併せてお願いいたします。
ご協力いただける方は、下記ページから、「宮崎の畜産を守る(署名用紙)PDF」をダウンロードしていただき、ご署名の上、「JA宮崎中央会」へ直接、FAXまたはメイルにてお送り戴けると幸いです。
http://group.ja-miyazaki.jp/fmd/


度重なるお願いをしている方もいらっしゃいますが、どうぞよろしくお願いします。

2010年6月15日 日本全国スギダラケ倶楽部 本部


すまいとからも、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by sumaito_blog | 2010-06-15 16:16 | その他 | Trackback | Comments(0)



Copyright © 2000-2012 Japan Housing Waranty co.,ltd. All Rights Reserved.